ホーム中国茶とのつきあい方 > 7.茶器のお手入れ

茶器のお手入れ


■茶器のお手入れ3つのポイント

(1)使い終わったらすぐ洗う!そして拭く!

基本ですが、茶器は使い終わったらそのままにせず、すぐに洗います。放っておくと茶器に茶渋が付きやすくなります。茶渋が濃くなるにつれて、そこに含まれる亜硫酸塩が次に飲むお茶に溶け出すリスクが高くなるので、要注意です。

 

安心してお茶を楽しむために、茶器を清潔な状態を保つことが大切です。

 

(2)磁器やガラス製の茶器は洗剤OK

やわらかいスポンジで、通常の食器用洗剤を使って洗います。かたいスポンジだと茶器を傷つける可能性があるので適しません。特に飲杯は、直接口に触れる縁の部分を丁寧に洗うのが良いです。毎回きちんと洗っていてもどうしても茶渋はついてしまうため、定期的に漂泊するのがオススメです。

 

(3)紫砂壺は水洗いのみ

紫砂壺は、スポンジも洗剤も使わずに、水洗い・手洗いのみで。もちろん漂泊もNGです。紫砂壺には目に見えない小さな孔が無数にあるため、洗剤等を使用すると壺の表面に入り込んでしまい、次に飲むお茶の味を損ないます。洗い終わったら、乾いたやわらかい布で拭くか、フタを外した状態で自然乾燥させます。