ホーム7種類の中国茶 > 華やかな【花茶】

華やかな香りが魅力の「花茶」

■ざっくりどんなお茶?■

ジャスミン茶

 

茶葉に花の香りを吸わせて作ったお茶。完成した緑茶等の茶葉をさらに加工するため“再加工茶”と呼ばれる。

 

代表的なのはジャスミン茶で、中国での花茶生産量の約7割を占める。東北地方、特に北京では日常的に飲むお茶として親しまれている。

 

花茶に使われる茶葉は主に緑茶、まれに青茶や白茶、黒茶、紅茶が使われることもある。合わせる花は、ジャスミン、玫瑰(バラの一種)、金木犀、菊花、など多種多様。組み合わせ次第で様々な風味のお茶を作れる可能性がある。

 

淹れた時に花のように開く工芸茶も人気。

 

主な産地は、湖南省、安徽省、四川省、福建省など。

 

花茶<目次>

花茶<目次>


楽しみ方

1.楽しみ方

●手軽に飲みたいときは・・・

工芸茶が一番オススメ!耐熱性ガラスに直接、ボール状の茶葉を1個入れて、お湯を注いでください。1分くらいすると茶葉の中からキレイなお花が咲きます。味を、さし湯しながら1時間くらいは続きます。

 

●丁寧に飲みたいときは・・・

花茶は香りが命のお茶なので、蓋碗使ってみてください。原料として使われる茶葉自体は等級の低いものが一般的。渋味やエグ味が出やすいからお湯を入れたら、あまり蒸らさずにさっと出してください。お湯も、なるべく茶葉に直接当てない方がおいしくなります。

 

●裏ワザ・・・!

水出しジャスミン茶、結構いけます。蓋付きのピッチャーに、ティーバッグに入れた茶葉と水を入れて、一晩冷蔵庫で寝かせてみてください。夏場にガブ飲みするにはもってこいかと!

 


生産エリア

2.生産エリア

中国花茶産地の地図
中国花茶産地 ※クリックで拡大

主な産地は、湖南省、安徽省、四川省、福建省など。

 


代表的な銘茶

3.代表的な銘茶

(1)茉莉花茶

(まつりかちゃ / Mo li hua cha)

茉莉花茶とはジャスミン茶のこと。一般的に、ベースとなる緑茶にジャスミン花の香りをつけたお茶のことで、花茶の中では最もポピュラー。茶葉とジャスミン花冠を重ね合わせて、茶葉に香りを吸着させる。

 


製造工程



5.銘茶について詳しく・・・

茉莉花茶

(1)茉莉花茶

(まつりかちゃ / Mo li hua cha)

 

【特徴】

茉莉花茶とはジャスミン茶のこと。一般的に、ベースとなる緑茶にジャスミン花の香りをつけたお茶のことで、花茶の中では最もポピュラー。

 

茶葉とジャスミン花冠を重ね合わせて、茶葉に香りを吸着させる。中国の華北地方、黄河流域でよく愛飲されている。北京で単にお茶と言えばジャスミン茶が出てくる。

 

形状 ふっくらふんわりした茶葉。品質の良いものは白毫が多い
水色 明るい山吹色
香り 濃厚なジャスミンの香り
味わい

爽やかで優しい口当たり。やや渋味を感じることも

 


【産地】

福建省福州市が発祥といわれている。
現在は福建省各地に加え、安徽省、江蘇省、浙江省など幅広いエリアで生産されている。

 

【歴史・逸話】

  • 発祥地は福建省福州市といわれている。
  • 1500年代には茶葉と花冠を重ねて香りを吸着させる「窨(いん)」の技術が完成していたらしい。
  • 清の豊年間(1851~1862年)に大量に作られ、北部の各地へ運ばれ普及していった。
  • 5大ジャスミン茶として名前があがるのが、福州茉莉花茶、茉莉龍団茶、政和茉莉銀針、金華茉莉花茶、蘇州茉莉花茶。
  • 再加工茶のため、水分量が緑茶等に比べて高く、長時間放置しておくと香りが飛んでしまう。入手したら早めに飲んでしまうのが吉。