霍山黄芽

(かくざこうが / huo4 shan1 huang2 ya2)

【特徴】

唐代には皇帝への献上茶になっていたという1000年以上の長い歴史を持つお茶。

別名「芽茶」とも呼ばれる。

 

・形状:「霍の舌」と形容される細く繊細で黄緑色の茶葉

・水色:透明感のある黄緑色

・香り:爽やかで栗に似たようなほのかな甘みもある

・味わい:清らかでコクがあり、後味はほんのり甘みを感じる

 

 

【産地】

安徽省霍山県大化坪鎮金鶏山、太陽郷金竹坪、金剛台

 

・海抜:800m以上

・年間平均気温:14~16℃

・年間平均降雨量:1200~1300mm

・土壌:褐色、柔軟地質、pH6.5

 

 

【歴史・逸話】

・唐朝以前から作られていたお茶で、唐代には皇帝への14の献上品の一つに数えられていたという歴史があり、唐の李肇の書いた『唐国史補』にも「寿州(安徽省)に霍山の黄芽あり」との記載がある。ただし、当時の製法は現在と違い緑茶に近いもので、茶葉も固形状の餅茶だったと考えられる。

 

・明代(もしくは清代)には黄茶としての製法で生産され始めたとされているが、一時期途絶え、1971~72年に復活をした。

 

・清の同治年間に著された『六安州志』によると、明・清代に霍山茶は全州の四分の三を占める主要なお茶であったという。

 

・高温多湿の場所に茶葉を広げて放置する「攤放(たんほう)」という工程を数度繰り返す。これが霍山黄芽の味や香りを決める独自の製造工程。

 

・霍山は別名、潜山、天柱山とも呼ばれている。

 

 

【現地卸値参考価格】(2015年)

明前二級:10~20元/50g

明前一級:25~55元/50g

明前特級:35~120元/50g

 

明後特級:25~50元/50g

 

雨前二級:20元/50g前後

雨前一級:25~55元/50g

雨前特級:30~70元/50g