東方美人

(とうほうびじん / dong fang mei ren)

【特徴】

白毫烏龍、香檳(シャンピン)烏龍、紅烏龍、五色茶、膨風茶など、別称が多いお茶。

1800年代欧州へも輸出され、ではフォルモサウーロンやオリエンタルビューティーという名前で親しまれてきた。

 

青茶の中では発酵度が高め(約70%)で、紅茶に似たような甘みのある華やかさを持っている。

この甘みのある独特の味や香りは、ウンカという昆虫が噛むことによるもの。そのため茶園は無農薬。

 

・形状:赤や黄色を帯びた茶葉は自然に曲がっていて、芽や葉に白毫もみられる

・水色:透明感のある琥珀色

・香り:ハチミツや熟した果実に形容される香り

・味わい:紅茶のような深みのあるコクち甘み

 

 

【産地】

台湾新竹県、苗栗県、桃園県など

 

(新竹県)

・海抜:400m、山岳起伏、群山連綿

・年間平均気温:20~25℃、海洋性気候

・年間平均降雨量:2,000m前後

・土壌:保水土壌

 

 

【歴史・逸話】

・福建省建瓯市の矮脚烏龍をもとに作られ始めた。

 

・ある茶農家がウンカによる食害を受けた茶葉をダメ元で製茶してみたところ非常に香り豊かなお茶ができた。しかしその製法を信じてもらえず、嘘つき(ホラ吹き)のお茶という意味で「膨風茶」と呼ばれるようになったという逸話がある。

 

・「五色茶」という名前は、高品質の茶葉が褐色・白・紅・黄・緑と色彩豊かであることから命名された。

 

・「オリエンタルビューティー(東方美人)」という名はイギリスのヴィクトリア女王が名付けたというのが通説だが、年代的に矛盾するとか。

 

・ウンカ(チャノミドリヒメヨコバイ、中国名:小緑葉蝉)という体調3~4mmの小さな昆虫が、茶樹の若葉や茎から樹液を吸うと、傷ついた茶葉の修復防御反応の過程でファイトアレキシンという人でいう抗体のような物質を生成する。ファイトアレキシンの1つにテルペノイドという果物の香りがする低分子の物質の作用により、フルーティーな香りのお茶ができると考えられている。

 

・近年では台北の坪林や石碇一帯にも生産地が広がっている。

 

・青心大有という品種から作られる。

 

 

 

【現地卸値参考価格】(2015年)

・新茶:100~300元/50g