ホーム7種類の中国茶 > 技術の結晶【青茶】

歴史と技術が生んだ結晶「青茶」

■ざっくりどんなお茶?■

青茶

 

青茶、またの名を、烏龍茶。

日本で中国茶といえば誰もがイメージするのはこのお茶。

緑茶の爽やかさと紅茶の華やかさを併せ持っている。

 

茶葉の発酵をある程度で止めるので、”半発酵茶”と呼ばれる。

発酵の度合いは10~80%とかなり幅広いため、同じ青茶と言えど、

銘柄によって様々な味わいを楽しめる。

(緑茶の発酵度は0%、紅茶の発酵度は100%)

 

主な産地は、福建省闽北地方、闽南地方、広東省、台湾。

近年では湖南省や四川省でも試験的に少量生産されているよう。

 


1.楽しみ方

●手軽に飲みたいときは・・・

 

大きめのマグカップに茶葉を気持ち多めに入れて、直接お湯を注いで。

最初は浮いている茶葉も次第に沈んでいくから大丈夫。

不思議と渋くならないんだよね。さし湯して好みの濃さで楽しんでね。

●丁寧に飲みたいときは・・・

 

蓋碗も紫砂壺もおすすめヨ。

紫砂壺は茶葉の雑味や渋味を吸収してくれるから、初心者でもおいしく淹れやすいネ。香りも少し一緒に吸収しちゃうけど。

蓋碗なら茶葉が本来持つ香りや味わいがそのまま表現できますヨ。水色も確認できるから、練習なら蓋碗がいいですネ。

●裏ワザ・・・!

 

冷やして飲むのも結構おいしい。大きめの紫砂壺で茶葉にお湯注いで3分間じっくり蒸らす。

その間に大き目のグラスに氷いっぱい入れて冷やしておいて。3分経ったら紫砂壺のお茶をグラスに全部出す。

氷が溶けた分はさらに追加して、よく混ぜて飲む。


2.生産エリア

中国青茶産地の地図
中国青茶産地 ※クリックで拡大

主な産地は、福建省闽北地方、闽南地方、広東省、台湾。

近年では湖南省や四川省でも試験的に少量生産されているとのこと。



3.代表的な銘茶

(1)大紅袍

(だいこうほう / Da hong pao)

伝統的な中国十大銘茶「武夷岩茶」の中でも最高峰(茶中状元)とされる茶。
「岩韻」といわれる岩茶特有の残り香がとても魅力的。

 

(2)武夷肉桂

(ぶいにっけい / Wu yi rou gui)

伝統的な中国十大銘茶「武夷岩茶」の一種。
岩茶の中でも肉桂は特に香り高いお茶として百数十年以上の歴史がある銘茶。

その香りがシナモンに例えられることから肉桂という名が付いたといわれている。

 

(3)安渓鉄観音

(あんけいてっかんのん / An xi tie guan yin)

伝統的な中国十大銘茶のひとつ。
少なくとも清朝乾隆年間初期から栽培されており、既に200年以上の歴史がある。
香りのタイプによって「濃香」「韻香」「清香」などに分類される。アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを多く含む。

 

(4)凍頂烏龍茶

(とうちょうウーロンちゃ / dong ding wu long cha)

台湾の烏龍茶を代表するお茶で「茶の中の聖」とたたえられている。

凍頂山で生産されているためこの名で呼ばれるようになった。

 

(5)東方美人

(とうほうびじん / dong fang mei ren)

青茶の中では発酵度が高め(約70%)で、紅茶に似たような甘みのある華やかさを持っている。

この甘みのある独特の味や香りは、ウンカという昆虫が噛むことによるもの。そのため茶園は無農薬。

 


4.製造工程

青茶 製造工程
青茶 製造工程

※他の中国茶との製造工程比較はこちら