黄山毛峰

(こうざんもうほう / huang shan mao fong)

【特徴】

世界遺産となっている観光名所の黄山地区で生産されるお茶。

長い歴史を持ち、伝統的中国十代銘茶に数えられる。

 

・形状:「霍舌」に例えられる細く少し曲がった形状

・水色:透明感のある山吹色

・香り:爽やかさの中に炒った栗のような香ばしい香り

・味わい:甘みとコクがあり芳醇な味わい

 

 

【産地】

安徽省黄山市

 

・海抜:700~900m

・年間平均気温:15~16℃

・年間平均降雨量:2000mm前後

・土壌:酸性、黒砂

 

 

【歴史・逸話】

 

・明代1597年、許次纾が著した『茶疏』において歴史的銘茶の一つとして黄山茶の名を挙げている。

 

・清代の『徽州府志』の中で「黄山茶は宋代、仁宗の嘉祐年間(1056~1063年)に初めて生産され、明代、穆宗の隆慶年間(1567~1573年)に盛んになった」との記載がある。

 

・以上のような記述はあるものの、現代の黄山毛峰は清代の光緒年間に謝正安によって1875年頃から作られ始められたとされている。

 

・芽が峰のように尖っていることから「毛峰」という名がついた。

 

・主な産地は、黄山地区の桃山庵、松谷庵、吊橋庵、雲谷寺、慈光閣、および歙県東郷汪満田など。

 

・中国緑茶の中では珍しく、「烘青」という高温の釜の中で茶葉を滑らせずに乾燥させる製法でつくられ、「烘青の雄」と言われる。

 

 

 

【現地卸値参考価格】(2015年)

明前二級:10~40元/50g

明前一級:15~50元/50g

明前特級:30~150元/50g

 

明後一級:10~30元/50g

明後特級:20~70元/50g

 

雨前二級:15~35元/50g

雨前一級:20~70元/50g

雨前特級:30~110元/50g