ホーム7種類の中国茶 > 悠久の歴史【緑茶】

悠久の歴史を持つ「緑茶」

■ざっくりどんなお茶?■

緑茶

 茶葉もお茶の水色も緑色なので、緑茶。

発酵させていないので、”不発酵茶”と呼ばれる。(発酵度0%)

 

中国の歴史の中で一番最初に登場したのが緑茶。

 

唐の時代にはすでに蒸す製造方法が確立されていて、それが日本に伝えられた。

その後、明の時代、中国では新たに釜で炒る製造方法が発明され、

その製法が現在でも中国緑茶の主流となっている。

 

さらに分類すると、緑茶は、殺青および乾燥工程の違いにより、

炒青緑茶、烘青緑茶、晒青緑茶、蒸青緑茶に分類される。

 

緑茶は中国で最大の生産量を誇る。中国で生産される茶葉全体のうち約70%は緑茶。

主な生産地は、浙江省、江蘇省、安徽省、江西省、湖北省、湖南省、貴州省。

 

 


1.楽しみ方

●手軽に飲みたいときは・・・

 

緑茶のステキな特徴で、茶葉の形がとってもキレイなの。

耐熱性のグラスに直接茶葉をお湯を注いで、さし湯をしながら飲んでみて。

グラスの下に沈んだ茶葉が草原みたいに揺れて目で見ても楽しめるよ。

●丁寧に飲みたいときは・・・

 

蓋碗がオススメ。うぶ毛が多い茶葉にもちゃんとお湯がなじむように。

お湯を注ぐときは、茶葉を刺激しないように、ゆっくり、優しく。

●裏ワザ・・・!

 

紫砂壺で淹れてみたことありますか?

熱湯使ってネ。ものすごくスッキリした味わいになるヨ。

疲れた時、気分スッキリする。

 


2.生産エリア

中国緑茶産地の地図
中国緑茶産地 ※クリックで拡大

代表的な生産地は、浙江省、江蘇省、安徽省、江西省、湖北省、湖南省、貴州省。


3.代表的な銘茶

(1)西湖龍井

(せいこロンジン / Xi hu long jing)

伝統的な中国十代銘茶の一つ。
日本茶でいう"静岡茶"のような存在。「中国の緑茶といえば龍井茶!」

(2)洞庭碧螺春

(どうていへきらしゅん / ピルチュン / dong ding bi luo chun)

色が青緑(碧色)で、巻貝のような形(螺)をしていて、春に採れるお茶。明前が最も良いとされている。
とても軽いので、500gの碧螺春を作るのに6~7万個の芽茶が必要になる。

(3)安吉白茶

(あんきつはくちゃ / an ji bai cha)

白茶という名がついているが、分類としては緑茶。美しい茶葉と飲みやすい味わいが人気。

アミノ酸が豊富で、甘みや旨みを感じやすいのが特徴。

 

(4)黄山毛峰

(こうざんもうほう / huang shan mao fong)

世界遺産となっている観光名所の黄山地区で生産されるお茶。

長い歴史を持ち、伝統的中国十代銘茶に数えられる。

 

(5)太平猴魁

(たいへいこうかい / tai4 ping2 hou2 kui2)

黄山毛峰と並ぶ安徽省の銘茶。5~7cmと非常に大きく平たい豪快な茶葉が特徴。

その見た目に反して、香りも味わいは上品で飲みやすい。耐熱グラスで飲むと美しい茶葉の姿も楽しめる。

 


4.製造工程

緑茶 製造工程
緑茶 製造工程

※他の中国茶との製造工程比較はこちら