正山小種

(せいざんしょうしゅ / ラプサンスーチョン / zheng shan xiao zhong)

【特徴】

世界で初めて作られた紅茶。

非常に強い燻香が特徴で、ハマる人はハマる。

その香りはスコッチウイスキーや正露丸、乾燥龍眼などに例えられる。

近年ではスモーキーさを抑えた飲みやすい味わいのタイプも多くみられる。

 

 

・形状:強くよじられていて細長い形状、赤みを帯びた黒褐色

・水色:深みのある赤紅色

・香り:特徴的な松煙の燻香

・味わい:まろやかで芳醇

 

 

【産地】

福建省武夷山市星村鎮桐木関

 

・海抜:800~1500m

・年間平均気温:18℃前後

・年間平均降雨量:約2,300mm

・土壌:肥沃、有機質豊富

 

 

【歴史・逸話】

・もともとは武夷岩茶の一つで、半発酵から完全発酵に変わって誕生したお茶。

 

・明代から清代へ移行する17世紀の混乱期に、古くから岩茶を作っていた武夷山の桐木村へ明の軍隊が進行してきた。軍の駐屯中は茶の製造作業ができず、

その間も茶葉の発酵が進んでしまい、これが最初の紅茶となったと言われている。また、軍が立ち去った後に急いで製茶するため松を燃やして乾燥作業の効率を上げたことが由来との説もある。

 

・1700年後半から本格的に作られはじめ、ラプサンスーチョン(Lapsang Souchong)という商標名でヨーロッパへ輸出、英国貴族のアフタヌーン・ティーとして広まった。

 

・ラプサンスーチョンという呼び名は福建省の福建語(闽南語)の発音が由来。

 

・ちなみに、初めてこのお茶を見た人たちは、茶葉の見た目が黒いため「烏茶」と呼び、これが紅茶の英語名「Black Tea」の語源となった。また、水色は赤色だったため中国では「紅茶」と呼び、これがそのままの形で日本へも伝わり定着した。

 

・正山小種の「正山」は武夷山(星村鎮桐木関)を、「小種」は岩茶の一種を指す。武夷山以外でつくられるものは「外山小種」と呼び分けていた。アヘン戦争後、中国国内の茶葉市場では競争が激化し、正山茶と外山茶の競争が起きた。結果的に正山茶が勝ったため、正山には正統という意味合いも込められている。

 

・燻焙する際、松の葉、松の枝や松脂を燃やし、その煙で燻す製法により、クセの強い独特の香りを生み出す。

 

・2006年頃から、松の煙で燻さずにつくる無煙タイプの正山小種がつくられはじめた。

 

・濃いめに抽出してミルクティーにして飲むのもおいしい。

 

 

 

【現地卸値参考価格】(2015年)

明前一級:15~65元/50g

明前特級:20~100元/50g

雨前特級:50~60元/50g