ホーム7種類の中国茶 > 世界に渡った【紅茶】

世界に愛される「紅茶」

■ざっくりどんなお茶?■

紅茶

 

紅茶は、“不発酵茶”と呼ばれる緑茶の正反対で、“完全発酵茶”。(発酵度100%)

水色が深い紅色のため、紅茶。

 

世界全体の生産量が最も多く、様々な国や地域で親しまれている。

 

中国で生産される紅茶も種類が多く、産地も比較的広い。

主な生産地は、福建省、安徽省、浙江省、江蘇省、江西省、湖北省、湖南省、雲南省、

貴州省、四川省、広東省、広西チワン族自治区、台湾など。

 

中国の紅茶は苦みが少ないので、砂糖やミルクを入れなくてもストレートでおいしく飲める。

 

紅茶は製法によってさらに、工夫茶、紅碎茶、小種工夫紅茶の3種類に分類できる。

 


1.楽しみ方

●手軽に飲みたいときは・・・

 

がぶ飲みするなら、大きめのティーポットや急須に茶葉をたっぷり入れて、1~2分蒸らして。

時々ふたを開けて、水色の様子を確認すると安心かも。

水色の濃さで味の濃さも分かるから。時間よりも水色に注目するのがコツ。

●丁寧に飲みたいときは・・・

 

オススメはやっぱり蓋碗です。お湯の注ぎ方次第で、同じ茶葉も全然違うお茶になりますヨ。

ゆっくりお湯を入れて待つと、深みのある上品な味に。

茶葉に直接当てないように勢い良くお湯を入れてさーっと抽出すると、広がりのある爽やかな味に。・・・・練習、必要だけどネ。 

●裏ワザ・・・!

 

熱湯じゃなくて、70度くらいに冷ましたお湯を使ってみて!

渋みが抑えられて味も香りもとっても甘くなるよ。リンゴみたい!

日本茶でいう玉露みたいなイメージかな。

 


2.生産エリア

中国紅茶産地の地図
中国紅茶産地 ※クリックで拡大

主な生産地は、福建省、安徽省、浙江省、江蘇省、江西省、湖北省、湖南省、雲南省、貴州省、四川省、広東省、広西チワン族自治区、台湾など。


3.代表的な銘茶

(1)祁門紅茶

(キーマンこうちゃ / Qi men hong cha)

伝統的な中国十大銘茶のひとつ。祁紅、祁門工夫とも呼ばれる。紅茶の中では特に100年以上の歴史ある銘柄。輸出量も多い。
インドのダージリン、スリランカのウバと並び、世界三大紅茶と称される。

 

(2)正山小種

(せいざんしょうしゅ / ラプサンスーチョン / zheng shan xiao zhong)

世界で初めて作られた紅茶。非常に強い燻香が特徴で、ハマる人はハマる。

その香りはスコッチウイスキーや正露丸、乾燥龍眼などに例えられる。

近年ではスモーキーさを抑えた飲みやすい味わいのタイプも多くみられる。

 


4.製造工程

紅茶 製造工程
紅茶 製造工程

※他の中国茶との製造工程比較はこちら