Q:茶器の配置に決まりはあるの?

A:基本的には自分が使いやすい配置で大丈夫です


中国茶では、茶器の配置に関しての厳密な決まりはありません(流派によって程度の差はありますが)。

 

基本的には自分が使いやすい場所に置いて大丈夫です。茶席の設えによって、飲杯を並べる位置を変えたり・・・など自由にアレンジすることも愉しみの一つです。

 

茶器の配置例
茶器の配置例

 

お茶を淹れやすい基本配置は以下の通りです。

茶器の配置例 中国茶

  

1.茶壺(もしくは蓋碗):自分の身体の正面

 

2.茶杯:自分から見た場合、茶壺の正面奥に並べる(淹れ手と飲み手の間)

 

3.茶海:茶壺よりも利き手側(右利きの場合は右側)

 

4.水盂:茶海のさらに外側

 

5.湯沸かし器:可能であれば水盂の反対側。利き手側に置いても大丈夫です。

 

6.茶荷:利き手側手前

 

 

7.茶道組:利き手側