Q:中国茶って、どうやって作るの?

A:分類によって作り方が違います。詳しくはこちら↓


中国茶 製造工程

中国茶 製造工程
※画像クリックで拡大

用語解説

・萎凋

(青茶、白茶、紅茶)茶葉の水分を蒸発させて、萎れさせること。日光に当てる萎凋を「日光萎凋」、室内で行う萎凋を「室内萎凋」と区別しています。


・揺青

<青茶のみ>茶葉を軽く揺さぶって撹拌し、発酵を緩やかに進めます。この工程で青茶らしい華やかな芳香成分を引き出します。


・殺青

<青茶、緑茶、黄茶、黒茶>茶葉に熱を加えて、酸化酵素の働きを止める作業のこと。紅茶は完全発酵させるお茶なので殺青はしません。(緑茶はこの殺青方法の違いで3種類に分類されます。)


・揉捻

<青茶、緑茶、黄茶、黒茶、紅茶>機械や手を使って茶葉を揉んで形を整える工程。発酵を促し風味を高める効果があります。

 

・復揉

<黒茶のみ>2回目の揉捻。黒茶は渥堆の前後で2回揉捻を行う。


・渥堆

<黒茶(熟茶)のみ>水分を含んで湿った状態の茶葉を積み重ねて、長時間放置し、微生物や菌を繁殖させる工程(茶葉の酸化酵素による発酵とは異なる)。黒茶の中でも熟茶のみ行われる。


・転色

<紅茶のみ>茶葉の発酵を途中で止めることなく最後まで促す工程。紅茶製造時のみに使われる言葉。

 

 

・悶黄

<黄茶のみ>茶葉に余熱と湿り気が残っている状態で堆積し、蒸らすようにして発酵させる工程。


・初烘

<黄茶のみ>茶葉を乾燥させる作業。黄茶は製造工程の中で2回乾燥を行うので、一回目は初烘と言って区別しています。

 

・乾燥

<緑茶、黄茶、白茶、黒茶、紅茶>茶葉を乾燥させる工程。


・烘焙

<青茶のみ>茶葉を乾燥させる工程。竹籠に入れて低温でゆっくり水分を取り除く。